なかはら まさお
    〜中原正大
専門士のページ

専門領域:化学装置材料の劣化や損傷の予測、発生原因の検討、対策立案を行う。これ
     に関連して、設備管理の方法論やそのデータベースの構築も行う。


連絡先:Tel:044-271-2210
    FAX:044-271-2497
    E-mail:nakahara.mb@om.asahi-kasei.co.jp

生年月日:昭和29年6月6日

最終学歴:昭和54年3月 東北大学大学院修士課程終了(機械工学専攻)

学 位:平成8年3月 博士(工学、東北大学)
          論文名「化学装置の経年的材料劣化と寿命予測に関する研究」

職  歴:
昭和54年4月 旭化成工業(株)入社以来、化学装置材料の選定や損傷事例解析に従
        事し、現在に至る。その間、下記の経歴を経る。 
平成16年度、東北大学非常勤講師
現所属:旭化成ケミカルズ(株)、生産技術・設備総括部

研 究 歴:旭化成に入社以来、化学装置材料の選定や損傷事例の解析、対策の立案を
      行っている。また、設備管理技術に関しても、検討業務を行っている。

授   賞:(社)腐食防食協会より技術賞、
      「濃硫酸環境におけるステンレス鋼の貴金属を用いたアノード防食」

所属学協会:
  (1)腐食防食協会、   
  (2)化学工学会、   
  (3)MTI

学協会等の委員の主な経歴:
  1.腐食防食協会技術委員長(平成13年4月〜平成18年3月)   
  2.腐食防食協会理事(平成8年〜平成10年、平成16年〜平成18年)   
  3.腐食防食協会、「防食技術」編集委員(任期2年を2回)   
  4.腐食防食協会、化学装置小委員会主査(平成12年〜現在)   
  5.化学工学会、装置材料委員会、腐食分科会主査(昭和63年から平成元年)